スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

梅雨に入りました。

先週から梅雨に入りました。霧が立ち込めて畑全体がしっとりと雨に濡れています。

雨が続くと畑の作業は少し休みながらな感じになります。梅雨入り前に夏野菜定植、田植え準備、田植え(今年はイベントも)、ねぎの定植、合間には草刈り、、作業がずっと続いていたので、ほんの束の間ではありますが梅雨の時期は少しだけ身体を休められるような気がします。


今年はめぐり屋の田んぼで田植えのイベントを行いました!

桐生市のNPO法人キッズバレイさん企画のきりゅうアフタースクール事業「お米の学校2019‥朕△体験」です。

全部で4回行われるプログラムとなっていて、親子で参加する賑やかなイベントです。

田植えをやった事のない方もいて、とても楽しそうに体験されていました。

田植え後はみんなでお昼ごはん作り。

釜炊きのお米をわいわい楽しくおにぎりを作り、みんな「美味しい!」と言いながら食べる姿はとても見ているこちらも大変嬉しい気持ちになりました。

みんなで手植えをした田んぼの稲が、これからすくすく育ち、秋にはたくさんのお米が収穫できることを夢見て、日々管理をしていこうと思います。


梅雨入り直前に玉ねぎの収穫をだいたい終わらせる事ができました。めぐり屋の玉ねぎは近年は春植えに挑戦していて、今年は気温の変化の影響もありとう立ちがわりと目立ちました。

それでも収穫してみたら予想以上によく育った玉ねぎになりました。加熱すると甘さがぐっとでる玉ねぎです。

ねぎの定植も第一段は終え、梅雨開け頃にはたくさんの作物がぐんぐん育ち畑の雰囲気もぐっと変わることでしょう。

梅雨でも作業が無いことは無い、という感じではありますが、梅雨の間に少しでも体力温存しこれから訪れる暑〜い夏に向けて準備していこうと思います。





スポンサーサイト

コメント